株式会社アーネストは牛乳販売店向けの通販カタログ発行部数、関西最大規模の60万部。アーネストは全国の牛乳販売店の方を「売れるチラシ・売れるカタログ」でサポート!人気・話題の売れる商材を各種取り揃えております。アーネストの「売れるチラシ・カタログ」「注文のあるチラシ・カタログ」で牛乳販売店様の集客力アップ!アーネストは、販売代理店様を募集中です。

牛乳販売店の売上アップ!株式会社アーネスト
株式会社アーネスト お気に入り 関西ナンバーワン発行部数 カタログの良質商品を集めます!
売上アップへの秘訣!店長インタビュー 愛飲者インタビュー 販売代理店様募集中 販売力に自信があります
HOME > アーネスト山本の社長さんインタビュー! > 森永牛乳 口里販売店 佐島社長
■森永牛乳 口里販売店 佐島社長
■有限会社鎌田商店 鎌田社長
 
 

皆さん! こんにちは!!アーネストの山本です。

この度、加古川市で宅配牛店を経営されてます「森永牛乳 口里販売店」の佐島社長にお話をお伺いいたしました。
加古川で商売を始められて14年目!
昨年には、事務所も増築されました。
社長が目指される、【コンビニミルクBOX】とは・・・・
いったいどんな事なのか、お伺いしてきました。

「家族3人で300軒で食っていけるか?」その事ばかり考えてましたね。

山本 こんにちは、佐島社長!
本日は、よろしくお願い致します。
佐島社長
こちらこそ。
佐島社長
山本 ところで、 社長が加古川で牛乳屋さんを始めるキッカケは何ですか?
佐島社長 実は、震災前(阪神淡路大震災:1995年)までは尼崎で牛乳屋さんに勤めてました。
でも、震災の影響で実家の牛乳屋が大変だと言う事で加古川に帰って来きました。
山本 以前は尼崎で牛乳屋さんにお勤めだったんですね。
佐島社長 そうやねん。
震災で大変やっちゅうことで帰ってきたけど、宅配件数は300軒ぐらいしかなかったんや。
帰ってきたけど、ホンマに不安やったな。
山本 不安と言うと、何か心配事があったんですか?
佐島社長 「家族3人で300軒で食っていけるか?」その事ばかり考えてましたね。
でも考えてばかりいてもしかたない。
そう思ってがむしゃらにがんばりました。
山本 どんな事をされましたか?
佐島社長 とにかく、朝から晩までお客さん作りの為、毎日営業に行ってたな〜。
今と違って営業に行けば行くほど、新規顧客が決まるからそれが面白くて、配達が終わってから夜遅くまで営業に行ってた。
山本 毎日ですか。それは大変ですね。
その結果、お店はどう変わったんですか?
佐島社長 とにかく、お客さんの件数は毎日増えていきました。
山本 毎日お客さんが増えていったら楽しいですね〜。
佐島社長 ホントに今と違って毎日お客さんが増えていきましたよ。
それに僕には目標がありました。
山本 どんな目標なんですか?
佐島社長 前に勤めてた尼崎の牛乳屋さんはね、人を使って大きな商売をされてました。
僕もどうせするなら、たくさんのスタッフを抱えて大きな商売をやりたいと思ってました。
そして、森永牛乳の番付で上位になりたいと思いましたね。
ですので、もう毎日がむしゃらに頑張りましたよ。ホント寝る間も惜しんで働きました。
僕自身、若かったの出来たんだと思います。
山本 寝る間も惜しんでですか!そんな大きな目標を持たれてたのですね。
それで、目標は達成できたのですか?
佐島社長 はい。 
三年もすると森永番付けで、兵庫県では常に上位3位以内に成ってました。
そして、営業スタッフ・配達スタッフも募集しました。
お店にも、スタッフにも活気が溢れてました。
山本 目標達成ですね。
「あたり前の事を、あたり前にする」〜「森永牛乳口里販売店 3つの約束」→
 
 ■弊社サイトをリンクする場合は、次のバナーをご利用くださいませ。
マイクロバー(国際標準)88px×31px 
検索エンジンなどで多く使われているバナーサイズです。
ローカルバナー 200px×40px
日本独自に普及しているバナーサイズです。
関西のナンバーワンを目指す!  
遠藤青汁のアーネスト会社案内 個人情報の取扱いについて ご利用について サイトマップ